風の子保育園 児童館はらっぱ 子育て支援センターつめくさ あおぞら学童

キャンプの話題

カムイノミ

帯広カムイトゥウポポ保存会のみなさんに来ていただいて「カムイノミ」をしました。

サケ祭りの成功とみんなの健康を願ってアペフチカムイ様に祈りました。

お昼ごはんは「オハウ(サケの入ったお汁)」。

札幌から来ていただいた恵さんは踊りも素敵でしたがトンコリの名手でした。

奈々子さんのウポポ、裕樹さんのリムセに子どもたちはすっかりとりこ♡です。

 

オキクルミと悪魔 後編

1月31日 後編を4・5歳児が観ました。前編では、小さいオキクルミが暴れん坊の荒熊をやっつけました。次に、少年オキクルミが里人を飲み込んだ「アメマスの化け物」を倒して里人たちが蘇り、豊かなコタンの暮らしが戻りました。

そして後編…悪魔は里川に毒を流しすべての命を奪おうとします…オキクルミを育てた姉は、悪魔を倒せるのはオキクルミしかいないと銀の矢を渡します…里人と共に悪魔との闘いに出かけます…怪しく美しき悪魔と昼夜6日間の壮絶な闘いです…悪魔の手下がオキクルミを囲みます…里人は悪魔の手下と闘います…オキクルミは里人を思い姉から授かった銀の矢を悪魔めがけて放ちます…銀の矢は光よりも速く飛び悪魔を射抜きました…アイヌコタンに平和が戻り豊かな暮らしを取り戻しました(完)。子どもたちは職員の熱演を瞬きもせず観ていました。

今日の午前中…全園児でホールに集まってウポポ(唄)とリムセ(踊)を楽しみました。

オキクルミと悪魔を渡す 前編

1月30日(水)0歳児から年長児までの園児たちに「職員劇・オキクルミと悪魔・前編」を観てもらいました。

平和で豊かなコタン(風の子コタン)…腕自慢、弓自慢、彫り物自慢、足自慢の若者たち…機を織る・料理を作る・子育てをする女性たち…鶴の踊り、ク・リムセ…歌や踊りを楽しみ…やがてユーカラの世界へ…「荒熊親分」「老人の語るフクロウの話し」「川鳥とオキクルミ」「アメマスとの闘い」…子どもたちの大好きな物語を保育士たちが熱演しました。

たんぽぽ組の乳児からかもしか組の年長児まで…すごい集中で劇をみつめていました。

 

ソリ遊び きりん組(4歳児)

楽しみに楽しみにしていたソリ遊び…楽しんできました!

天気は快晴…風は強し…でもいっぱい滑って…一人滑り…二人滑り…4人滑り…一日中笑いながらソリを楽しみました。

ミルク缶を転がして作った「アイスクリーム」もロッジの「ラーメン」美味しくいただきました…!!!

スキー合宿報告

1泊2日のスキー合宿…楽しく終了しました。事前にホールでハの字練習と転んで起き上がる練習をたっぷりしました。

ゲレンデで本番…引率を引き受けていただいた保護者の皆さんに支えてもらいながら…ハの字練習…そしてリフトに乗って…頂上から…ズルズルノロノロ(ハの字練習)…降りてくるころには…ほとんどの子が上達していて驚きました。

午後も翌日も…ズルズルノロノロ(ハの字練習)…すっかり上達して…一人でリフトに乗り…一人で何回も滑り…みんなで曲がる練習をしたり…とても×2…上手くなってスキー場のスタッフにほめられたりしました。

インフルで行けなかったお友だち…いつかみんなで行こうね!!

明日 かもしか組スキー合宿

スキー靴と板の準備完了。明日から1泊2日の日程で奥日光湯元スキー場に行きます。

ウィンターパーティ「魔笛」かもしか劇団

午後3時30分上演開始 王子は森で大蛇に追われて気絶します…三人の侍女が大蛇を倒します…パパゲーノ登場…嘘をついたパパゲーノは三人の侍女に口に鍵をかけられてしまいます…

全部説明すると大変ですので中略…夜の女王がパミーナ姫を追ってお城に忍び込みます…雷に打たれて…サラストロ登場…「闇は消えて」(独唱あり)…邪悪は滅び…完。

歌芝居「魔笛」を見事に演じたのは、かもしか組(5歳児)。お客はお昼ご飯のときに招待されたのうさぎ組(2歳児)~きりん組(4歳児)〝本気〟で〝楽しく演じた〟かもしか組の魔笛に大喜びの子どもたちでした。ブラボー!!!

ウィンターパーティ②

楽しみにしていたウィンターパーティ!園長バンジョーで「もみの木」「ティンクル」…歌で始まり…続いて保育士楽団(リコーダー、鍵盤ハーモニカ、シロフォン)がオペラ「森は生きている」序曲を演奏…0~3歳児は「森は生きているごっこ」4~5歳児は「魔笛ごっこ」へとにぎやかに楽しみました。最後にサンタから…「プレゼントを置いといたよ」との手紙が届いて…プレゼント探し…やっと見つけて…。うれしいプレゼントが一人ひとりに渡されて子どもたちは大喜びでした。そして、①の御馳走をみんなでいただきました。

ウィンターパーティ①

今日はウィンターパーティ! まずは、キッチン風の子を紹介します。毎日の「離乳食」「お昼ごはん」「おやつ」が美味しいことが自慢です。行事の時などは特別メニューで保育に参加します。午前中、ウィンターパーティを楽しんでお昼ご飯もみんなでホールで一緒にいただきました。美味しくて何杯もおかわりしていました…ごちそうさまでした。

佐野市国際子ども子育てフォーラム

2020年に佐野で子ども子育て国際フォーラムを開催するための準備が始まりました。

1枚目の写真は、5日に東大へ要請に行った時です。呑龍幼稚園小林園長、遠藤利彦教授(赤ちゃん学会〃長)、秋田喜代美教授(元保育学会〃長)、と風の子長谷川園長です。写真を撮っていただいたのはあかみ幼稚園の中山理事長です。

13日午後は市役所6Fにて国際フォーラムに向けての実行委員会を開催しました。幼稚園、民定子ども園、保育園、小規模保育園の園長たち、佐野短大の教授、青年会議所のみなさん、PTA連合会〃長さん、保育課・子ども課の課長さん方が参加しました。